サッカー選手・指導者・関係者の行動心得


 
@施設利用のとき
・施設利用規定を遵守し,責任を持つ。(ハウス,グランドの鍵を掛け忘れない)
・利用時間の厳守。
・指定駐車場に駐車する。(指定以外及び路上駐車しない)
・トイレ・部屋(会議室等)汚さない。(スパイク・シューズの土,芝をはたいて入る)
・ゴミは,出さない。置かない。(ゴミは,持ち帰る。ゴミ箱設置の場合は,分別処理する)
・ラインカー,フラッグ,椅子,机,コーン,ビブス等設備備品使用後は,元の設置場所に戻す。
・サッカー以外のスポーツ施設との併用使用には,施設管理者の指示に従う。
(陸上トラックには,スパイクで入らない)
・トレーニング内容によって,利用場所を考えて使用する。
 ピッチ内:ゲーム形式,ボールを使用した基本技術等
 ピッチ外:ダッシュ&ターン,ラダ―,サーキット,フィットネス等・・・GKトレーニングを含めトレーニング場所のローテーションも考える
・芝のピッチ内には,スパイク・ポイント付シューズ以外で入らない。
・芝のピッチ内には,水以外のドリンク飲料水をこぼさない。
・芝内には,テント・椅子・机・トレーニング用具等同一場所に長時間放置しない。
・グランドの整備(芝のピッチは,芝のはがれを修復:はがれた芝を戻し踏んで置く。くぼみには,土・砂を入れる)
 (土のピッチは,トンボがけする)
 *ピッチ内の=ゴミ・石ころを拾う心=大事に使用する心=をもつ。
・体育館等フロアー使用には,アメゴム底シューズを使用する。
(ポイント付・黒色底のシューズは,使用しない・・・・・・体育館又はフットサル専用シューズを使用する)
・フロアー内には,飲料水・軽食等持ち込み使用しない。
・フロアー使用時に,汗で滑りやすくなるので,速やかに拭き取る。
・体育館壁には,ボールを当てない。(壁にボールを蹴って遊ばない)
・フロアーの整備(使用後は,モップがけする)
*フロアー内の=ゴミ拾い・備品の整頓=大事に使用する心=をもつ。

A試合前のとき
・試合の準備(ライン・コーナーフラッグ・チームベンチ・審判ベンチ・ゴールネット危険な設備,備品の整理等)
・チームベンチと応援(観戦者)を分離する事が望ましい。
・試合中のウォーミングアップ・エリアを決める事が望ましい。
・指導者は,相手チーム監督と審判員にあいさつ及びユニホームと試合開始時間の確認
・ピッチ内での,ウォーミングアップは,試合登録選手とコーチのみとする。(その他の選手は,ピッチ外)
・相手選手と審判員にあいさつを行い,フェアプレーを誓う。
・ユニホームをパンツに入れる。
・ウォーミングアップの時間を確認する。
・ピッチの廻りに置くドリンクは,水(冷やした水)であること。ボトルは危険のない材質であること。
・ベンチには,ドクターバッグ・氷・飲料水・顔を洗う水・タオル・着替えのユニホーム(シャツ)等の用意も。

B試合中のとき
・控え選手は,試合以外のユニホーム又は色違いのビブスを着用する。
・ベンチ内には,大会規定に従って監督・コーチ・控え登録選手・チーム関係者とする。
(保護者・応援者を入れない)
・相手を傷つけるようなプレーはしない。汚いプレー・遅らすプレーはしない。
・判定に対して,文句を言わない。
・喧嘩はしない。(やられても,やりかえしはしない)
・ベンチから,相手選手への野次や罵声を言わない。
・ベンチから,審判の判定に対して罵声を言わない。(クレームでベンチを飛び出ない)
・ベンチは,選手を鼓舞する。
・応援者は,審判の判定に対して罵声やクレームで批判しない。
・応援者は,相手選手・相手ベンチへの野次や罵声を言わない。
・応援者は,選手・チームを鼓舞する応援に徹する。
*フェアプレーは,選手だけではない。サッカーに携わるすべて!
・控え登録選手のウォーミングアップは,アップエリア内でボール無しが望ましい。
・ピッチ内に,ボトル(飲料水)や薬品(サロメチール・テープ等)を投げ入れてはならない。

Cハーフタイムのとき
・速やかに選手を休ませる。
(指導者が椅子に座って,選手が立っているのは,どうですか?・・・・・・選手の怪我などケア―を先ず始めに!)
・リフレッシュは,チーム関係者が行う(保護者や応援者は,ベンチ内に入るのを控える)
・芝内でのリフレッシュの飲み物(水以外)を,むやみにこぼさない。
・ベンチ内は,監督又はコーチが管理し,端的に指示を出し,選手を鼓舞する。
(保護者や応援者のアドバイスを受けないことが望ましい)
・保護者や応援者は選手に接触しない(監督・コーチに任せることが,選手の成長につながる)
・ピッチ内でのウォーミングアップは,控え登録選手とコーチのみとする。(芝ピッチ内ではボール回しをしない)
・雨天時では,必要に応じてラインの引き直し及びグランド整備を行う。
・芝ピッチでは,芝のはがれた個所の補修を行う。(はがれた芝を元に戻し踏みつける)
・同一ピッチでの試合が複数ある場合は,次の試合チームのウォーミングアップをピッチ内で行うことも必要。
(試合中の控え登録選手アップの邪魔にならないこと)

D試合後のとき
・相手選手と審判にあいさつを行い,健闘を称え合う。(敵対心のままで,終わらない)

【試合後の両チーム及び審判団との握手導入を奨励】
・指導者は,相手チーム監督及び審判員にあいさつをする。(健闘を称え合うと共に,試合の意見を聞く耳をもつ)
・試合中のプレー・判定に対して,相手選手・関係者及び審判員に文句や罵声を浴びせない。
(試合後の場合でも,規律フェアプレー委員会の規律対象事項となる・・・・・・まして,喧嘩などやってはならない)
・速やかに選手を休ませる。
(リフレッシュと共に,クールダウン及び怪我のケア―を忘れない・・・・・・試合の反省と今後の課題を端的に話す)
・同一ピッチでの試合が次にある場合は,速やかにベンチを明け渡す。
(ベンチ内の整理整頓を行う・・・・・・次のチームが気持ちよく使えるようにする)
・ベンチ内のゴミは持ち帰る。(テーピングテープ・ペットボトル等)
・グランドの整備(芝のピッチは,芝のはがれを修復:はがれた芝を戻し踏んで置く。
くぼみには,土・砂を入れる。土のピッチは,トンボがけする)
・次の試合がある場合も同様に,グランド整備を実施する。(ラインの引き直しも必要)